グループディスカッション

医療機関で相談する

うつ病かどうか迷ったら医療機関に相談してみる

うつ病は、強いストレスや疲労などが重なった時など、日常生活の中でも発症のきっかけがある病気です。外見上は特に変化がないため、周りの人がうつ病とわからないこともあります。また、周りに知られたくないため、誰にも相談できず、症状が悪化してしまうこともあります。 うつ病の症状としては、毎日疲労が著しい、何もやる気が起きない、楽しいと思えることがない、などがあります。気持ちが沈んで何もすることができないという状態が長く続くようならば、誰かに一度相談をすることが必要です。 周囲の人に知られたくないという人は、医療機関に相談をする方法があります。精神科や神経科などの他に、心療内科でもうつ病の診察や治療を行っています。はっきりとうつ病とわからない段階でも、相談することが可能です。

予防のためにできること

医療機関を受診する時には、前もって電話をしてみます。中には、予約が必要なクリニックなどもあります。うつ病と診断された場合、通院することも考慮して、医療機関を選ぶ時には、通いやすいところを選ぶことも必要です。 真面目で、責任感が強い人は、うつ病になりやすい傾向があります。うつ病を予防する方法としては、考え過ぎないことや、趣味などを持ってストレスを発散することなどがあります。また、規則正しい生活や、バランスの良い食事なども予防に効果があります。そして、適度に休養をとることも必要です。 それでも、うつ病になってしまった時には、躊躇せず、医療機関を受診するようにします。医療機関では、個人情報の管理は厳しく行っています。通院している情報が医療機関から漏れることはほぼありません。