グループディスカッション

効果的な対策

長屋のような住宅が見直されると予想されます

現代社会は、人間にとって物質的に便利ではあるのですが、それに応じて精神的な疾患を患う人が増加してきています。 そうした現代的な精神的な疾患のうちで、代表的なものと言えば、うつ病になるのですが、意外に昔から存在していたのです。 例えば、夏目漱石といえば、戦前に活躍した代表的な文豪ですが、この夏目漱石がうつ病を患っていたのです。 夏目漱石が、この病気になったきっかけは、西欧に留学した際の住宅が、当時日本にはあまりなかった、それぞれの部屋がコンクリトで明確に区切られていたアパートだったのです。 この点からも、今後はうつ病を予防改善するために、昔からの日本の住宅形式である、長屋のような住宅が見直されると予想されます。

うつ病対策には、相談できるコミュニティーが大切です

こうした住宅という観点以外で、この病気で注意する点として、コミュニティーの存在を挙げることが出来ます。 日本のコミュニティーは、昔はそれぞれの集落ごとに存在していて、その機能を十分に発揮していました。 例えば、仕事という面でも、農業従事者が多かったですし、現代のように機械化されていな時代ですから、一人でできる仕事よりも、もっぱら集落の人が相談しながら共同して行う仕事だったのです。 複数の人が相談して共同で作業を行うためには、意思の疎通を図ることが、必要不可欠ですし、集落事態もその相談することの大切さを認識していたので、そうした意思疎通を図るために、創意工夫が各地で行われていました。 したがって、うつ病の対策には、相談するためのコミュニティーの存在を再認識することが大切です。