グループディスカッション

ストレスが原因

まずは話を聞いてもらおう

うつは、現代病のひとつになってきています。会社でのストレス、病気からくるストレス、環境の変化などあらゆる要因がかさなって、うつは発病されるとされています。うつは、だんだんと身体に症状が出始めます。うつの特徴は、そわそわしたり、夜、眠れなくなったり、イライラしたりなどです。人により症状は様々ですが、不安が積み重なると、眠りが浅くなり、だんだん不眠症へと移行していきます。そんな時、友人や誰かに話を聞いてもらうことで少しは気持ちも楽になります。それでも症状が悪化してくる場合は、心療内科または精神科を訪れて相談してみてはいかがでしょうか。精神科と聞けば、一昔前のイメージでは閉鎖的などの雰囲気がありますが、現在ではそんなことはありません。精神科も心療内科も同じです。ただ注意したいのは、ろくに話も聞かないで、眠れないと相談しただけで薬をたくさん処方する医者には気をつけてください。相談によくのってくれる親身な医者を探しましょう。また、うつの薬について少しでも疑問に感じたら、薬剤師にも相談しましょう。

無理をせずたまには休息を

現代社会では、ストレスと切っては切れない関係にあります。そして、うつ病も増えてきました。放っておくと、症状がだんだんと酷くなります。信頼できる精神科や心療内科へ行きましょう。最近では、薬の治療以外に、カウンセリング治療も人気です。人に悩みを聞いてもらうだけで安心したり、症状が落ち着くこともあります。病院にカウンセリングを併設しているところもありますし、カウンセリングを専門にしている所もあります。病院では、医師による診断書で休職することも可能です。なかなか仕事をしていると長期的に休むことは難しいことです。しかし、おもいきって自分の身体のために休息も必要な場合もあります。診断書をもらう場合は、会社と医師とよく相談してみましょう。