グループディスカッション

うつの治療費用

病気の治療にかかる主な金額

うつ病にかかった場合に処方される薬はさまざまでその人の症状やその他の病気とあわせて一番効果的なものが処方されます。1回の通院では、診療費と薬代合わせておよそ3,000円から4,000円がかかると言われています。これは3割負担の時の価格となっています。 うつ病の人は自立支援のための補助を申請することが出来ます。心療内科で診断書をもらい、最寄りの保健所で手続き申請を行います。この時に、障害者手帳を一緒に申請することも可能ですので一緒に相談すると良いでしょう。 この支援制度へ申請することで、心療内科の費用負担が1割に軽減されます。また、加えて前年度の所得に応じて1ヶ月当たりの支払い上限が決められるので上限以外の医療費は負担しなくて良くなりますので医師に相談するようにしましょう。

うつ病の歴史について

うつ病がはっきりと病気として認知されたのはごく最近のことで、少し前までは誰かに相談しても「精神異常」や「おかしくなった(狂った)」などと捉えられていました。うつ病は実は紀元前からあった病気だと言われており、うつについての研究の始まりはヒポクラテスによって提唱された「四体液説」が始まりだとされています。当時は胆汁が黒い人は憂鬱な気質となるとされ、このような人は「メランコリー(黒い胆汁)」と呼ばれるようになりました。 とくに20世紀になって精神病理学者が提唱した「メランコリー」という著書は現代のうつ病研究の核となりました。 近年の研究で、狩猟時代からあったとされるうつ病は現代人だれしもがかかる可能性のある病気だと分かっており、とくに人に相談せず抱え込む気性の人などがかかりやすいとされています。心療内科へ相談に訪れるのはとくに子育て世代や働き盛りの若い人が多くなっているようです。

症状が軽くなる場合もあります

自分がうつかもしれないと言う事を一度思ってしまうとそのように思い込んでしまう事もあります。その際は相談をする事も難しくなってきてしまう事も非常に多いです。しかしまずは人に話してみると言う事をしてみなくてはなりません。自分の中だけで抱え込んでしまうと余計に様々な事を考えてしまう事が大きなります。うつかもしれないと思っていて相談をする事ができないと、軽い症状でも悪化してしまう事がありますので、少しでも自分の気持ちに変化を感じたのであれば躊躇せずに相談を行ってみるようにしましょう。人に話す事によって、気持ちが楽になって来る場合もありますし、気持ちが楽になって症状が軽くなってきたように感じる事もできるようになります。